Nature home

先日訪れたドイツのエコ建築ツアー。


環境先進国のドイツで一般の人では
なかなか見ることのできない
エコ建築物を見学したのですが、


その建築物がどんな仕様でできているか、
どんな構造のものなのか・・・


ということよりも
ドイツ人のエコロジーや環境に対する考え方
を学べたことが、私にとって大きかった・・・
そんな旅になりました。

IMG_6157




ドイツエコ建築で大切な3つのこと

ドイツのエコ建築の考えは、
主に次の3つのことを
とても大切にしていました。



・持続性
・低エネルギー
・厳選された材料


IMG_6469

持続性とは、
今だけを見るのではなく、
3世代4世代先に繋げる住宅。


最初に訪れた、ドイツ第2の規模の都市であり
最古の港町であるハンブルグの街には
古いアパートが建ち並んでいました。


そんな雰囲気のあるアパートをよく眺めてみると
しっかりと改修されているのです。

IMG_4500

窓は断熱サッシになり、外壁の断熱も強化されています。
建物を長く使うことを大切にしていることが
街を見ているだけでも伝わってきます。



持続性とは長く住めることということなのですが、

人間の本来住む自然環境を大切にするためには、
環境と建築は切り離せない

という考え方が根付いているようですね。





大学内にも保育所が設置

ベルリン郊外のエーベルスヴァルデ大学は
森の中に建設されていて、
まさに自然との融合の建物でした。


建物の外観が違和感なく自然と調和しているか、
ということだけではなく、
学生はもちろん、先生までもが大自然を感じながら
教室で講義をすることのできるように考えられていましたよ。



また、大学内には保育所があり、
ママである学生も安心して学ぶことができる環境なのです。

IMG_6424

「子供がいるから学校に行けない

というのは障害の理由にはならない」

という考えには感動です!
まさに、これからの環境を考えているのだと思いました。





ドイツの低エネルギー建築

低エネルギーに関しても、
日本よりはるかに先をいっている印象です。

バスに乗ってアウトバーンを走っていると
風車を頻繁に見かけましたし、

P9133903


木を原料とした燃料である、木質ペレットも
積極的に使用しているようです。


木質ペレットとは、間伐材や未利用樹、 木材工場か

ら排出される残廃材等を顆粒状に砕き圧縮後に固めて

形成される下の写真のような固形燃料で
ドイツなどヨーロッパを中心に使用されています。
 

IMG_4501

また、エコ建築物を見学すると、
どの建物も大きな換気システムが搭載されていました。


それにより、ドイツの寒い地域でも
低エネルギーで快適な暖かさを保ったり
きれいな空気で生活できるということ。


こういったシステムを導入することについては、
賛否両論あるかもしれませんが、
住環境を快適にしたいというのと同時に
自然環境を大切にする意識から
きているのではないかとも感じました。


実際に太陽光などの自然エネルギーを利用して
ゼロエネルギーをクリアーしていることに納得です。




塗料をサラダにかけて食べる!?

厳選された材料とは、
本物の材料であると同時に、

体に害のある材料であってはならない

ということが、
根本的な考え方にあるようです。


体に害があってはいけないっていうのは、
当たり前なのですが、
その点に関しても日本の基準はドイツに比べ
ものすごく低いと感じずにはいられません。


ユルツェンの自然塗料メーカー「リボス」へ行きました。

IMG_6370

亜麻仁油を原料とする塗料を作っていて、
工場内は亜麻仁油のほのかに甘い香りが漂っていました。


亜麻の実の搾りかすが山になっていたのですが、
口にすることもできてしまうくらい安心材料とのこと。

IMG_6352


ランチには、塗装にも使う亜麻仁油をかけたサラダを
美味しくいただきましたよ。

IMG_6330

ドイツでは、
安心安全はもちろん建材だけでなく、
食べ物を中心として衣食住において言えること。


だから、
食べ物にこだわって体にいいものを摂るけれど
家という住環境には無頓着・・・ってことは
ないんじゃないかな?


住まいも食べ物同様に安心で健康なものでないと
いけないと思っているのだと感じました。



14322451_1128908453921081_5600276541933356036_n


また、ドイツ人は最終的には「自己責任」という考えらしいです。
一人一人の物事に対する意識が日本人とはきっと違うのですね。



・持続性のある建物の建築には本物の材料を使用すること。
・建物の建築時には費用をかけて快適性を高めた上で、低エネルギーでランニングコストを抑えることが大切。
・建物は環境と一体となっていなければならない。体を害する材料の使用はもってのほか。

IMG_6543

ナチュールホームの家づくりと
考え方の根本は同じだと思いました。
まだまだ学ぶべきことはあると感じていますが、
どれも私たちが大切にしていることです。




ドイツ人の国民性とは?

たくさんのドイツ人の方にお会いして
話を聞いて、日本人以上に真面目な国民性も感じました。


日本人は「相手に合わせる」と
良くない意味でいうことがあるけれど、
「相手に合わせる」ということは
「相手のことを察してあげられる」という
いい意味でもあるんだな、と思ったことは
ちょっとした発見(笑)

IMG_6737

写真は有名建築家や芸術家が学んだという
伝統ある学校、バウハウスの前で
ガイドのケーニッヒさんと主人と一緒に。





ゆるーくドイツ旅行記を書くつもりが
真面目な建築のお話になってしまいました(笑)


9日間という短い間でしたが
感じたことは他にもたっくさんあります!


これからもちょくちょく
ドイツで体験してきたことを
お伝えできればと思っていますので
またどうぞお付き合いくださいませ。


14390683_1131198003692126_4270583316155941197_n


ナチュールホーム
高橋紀子
 

先日ドイツへの建築視察ツアーへ
社長とともに参加してきました。

IMG_6256

今回の建築ツアーは、
ナチュールホームでも使用している
スイス漆喰や自然塗料を扱っている
イケダコーポレーションさんが毎年行っている
環境先進国のドイツでエコ建築を学ぶ「エコバウツアー」。


写真はハンブルクの市庁舎で
ナチュールホームをいつも応援してくださる
営業の射場さんと一緒に。
ぎりぎりの参加希望にもかかわらず彼のおかげで
ツアーに参加することができました。

IMG_6069

写真に写っているドイツ人の男性、
建築家であり教授のケーニッヒさんが
ツアーのコーディネイトとガイドを
してくださいました。

隣はドイツ在住35年で通訳のグリムさん。
彼女のプロフェッショナルな仕事ぶりは感動!


忙しい中、9日間もの間日々の業務に
携われないことに私も社長も不安を感じており、
毎年参加を見送っていたのですが、
今回も仕事のスケジュールが
いっぱいの中ではあったのですが、
色々なタイミングが合い、
会社のスタッフ、家族の協力、顧客様のご理解のもと
参加させていただくことができました。


みなさんに温かく見守ってくださっていただいた
おかげで行くことのできたエコバウツアー。
帰ってきてからの自分の考動が
変わってきたことを実感しています。
皆さま、本当にありがとうございました!


今回のドイツ研修ツアーでは、
10年前にドイツに観光で行ったときとは
得られたものが大きく違っていました。


前回は、ドイツのまるで中世のような素敵な街並みに
ただただ感激したことが心にずっと残っていて、
また訪れたい国ナンバーワンに。


今回のツアーでは、
ドイツの建物やエコ建築に対する
ドイツの人の考え方を通じて
観光で訪れた時には感じることのできなかった
ドイツを見ることができました。
日本のいいところも再認識。

IMG_6107

観光や自由時間はほとんどない
エコ建築を巡るツアーだったのですが、
自由時間や夜ご飯の時間も
有意義な時間を過ごすことができました。


というのも、今回のツアーでは
建築関係のお仕事をされている
志の高い方達とご一緒させていただいたから。


ともに学び、情報交換をし合い、
たくさんの刺激をもらうことが
できた9日間でした。

IMG_6527


次回のブログでは、
私が感じたドイツについて
綴っていきたいと思いますので
どうぞお楽しみに( ´ ▽ ` )ノ


今回の旅の様子は少しだけ、
私のFacebookページにも掲載しています。
よかったら、合わせてご覧になってみてくださいね!







 

健康のために食べ物を気をつけて
いらっしゃる方は多いのではないでしょうか?



食べ物は気をつけていても
見落としがちなのが
毎日吸っている
空気



空気は目に見えないので実感がないのですが、
人が一日に吸う空気の量は
約14,400リットルと言われています。
重さにして約20キロ、
ごはんにすると100杯分にもなります。

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s

吸った空気の酸素は肺から血液によって
全身の細胞に行き渡ります。
空気中に有害なものがあれば
体に悪影響を及ぼす
ことになってしまうのです。



健康のために食べ物に気を使うのと同様に
家の中の
空気質にも気をつかわなければなりません。
そのくらい
住宅の室内環境って大切だと思うのです。

IMG_8834-1


空気質がいい家とは?
どうしたらつくれるの?


についてはまた別の機会にお話したいと思いますが、




健康な家に住んだら
健康に暮らせるかについて。



健康な家の定義が、
「空気質のいい家」だとしたら、


私の考えで言えば半分はYESで
半分はNOだと思っています。



いくら健康な家、空気質のいい家に住んでも、
添加物の多い食べ物を頻繁に食べていたり、
必要以上に薬を摂取する生活を続けていたり、
強いストレスを感じながら毎日を送っていたりすれば、
当然そのうち体や心が悲鳴をあげることになるでしょう。





住宅の室内環境だけでなく
どのように暮らすか
ということがとても大切だと思うのです。

12803245_977152212430040_3227159284831088016_n

私自身、自分や家族が健康に
暮らせるために様々なことを
取り入れて生活しています。



その一つが
子供や自分自身の体づくり。
体づくりや病気のケアの方法を学びました。



うちの子供達は、健康な家に暮らしていて
日頃から予防を取り入れたスキンシップを
大切に生活しています。
そんな我が家の子供達が病院に行くことといえば
予防接種のときと、
出席停止の病気にかかったときくらいです。




熱を出すことも年に数回ありますが、
病院へは行くまでのことはありません。
子供の様子を見て、
温めてリンパの流れをよくしてあげることで
次の日には熱も下がり
元気いっぱいになっているのです。




病気になったらすぐに病院へ
連れて行って薬を飲むのでなく、
病気になりにくい体を作り、
自然治癒力を高め、
もし病気になってしまっても、
ママの手で治してあげること
ができたらいいと思いませんか?



いったいどうやって?



とお思いの方は
9月6日(火)開催
「スキンシップたいむ体験会」
にお越しください。

IMG_2653

何百人もの親子をみてきた助産師のカズミン先生が
健康な子供が育つために大切なことをお話ししてくださいます。

IMG_2652

例えば、前回の講座でカズミン先生が
おっしゃってた風邪の予防の一コマ。



「子供の足の裏を触ってみてください。
冷たいと思ったら靴下を履かせてあげて。」



「ポイントは表面の冷たさじゃなくて、
ぎゅっとにぎってじわっと温かさが
もどってくるかどうかです。」




言葉ではちょっとわかりにくいけれど、
講座では実際に子供達に触れて、
感覚で理解
できると思います。



「ここをなでてあげると免疫力が高まるから
風邪の予防になるんですよ。」




そんな、具体的なスキンシップを
教えてもらえるから実践しやすいと
前回の参加者の皆さんにも評判でしたよ!



前回大好評だったので、
10月から同じ内容で開催します。
詳しくはこちらからご覧になってくださいね!







また、
大人の方の体づくりについては
毎月ショールームで開催の
「ビューティフルヨガ」がオススメです。

IMG_1337

こちらはヨガを楽しむというより
ヨガのできる体を作ることに時間をかけています。
こちらからチェックしてみてくださいね!
9月6日のヨガは
残1ですのでご予約はお早めにどうぞ。
※好評につき満員御礼となりました。


次回は10月11日(火)予定です。
9月6日のヨガが終わり次第、
ナチュールホームの
ホームページにて
ご予約開始いたします。

 

先日、ショールームでのイベント
「夏カフェ」を開催しました!

14034683_1081300668626842_7014284222970615017_n (1)

「カフェ」イベントは数年前から
開催しているのですが、
始めたきっかけは
お客様からの「カフェのようですよね」
「カフェやらないんですか?」と
いうお声でした。 



9年前に建築の私の自宅でも 
たびたび「カフェみたい」と 
言われてきました。

IMG_3961-1

今は「カフェのような家」が流行っているようですが
ナチュールホームが考えるカフェっぽさは
今流行りの「カフェのような家」 とは
ちょっと違う気がします。


「カフェに見えるようなデザインのつくり」
というよりは「カフェのように落ち着いた心地よいと感じる空間」
という感覚なのではないかと思っています。

IMG_9472

お気に入りのカフェに訪れた時に、

「なんだか落ち着く」
「気持ちのいい空間」

という風に感じることはありませんか?



ナチュールホームで建築されたお客様が
おっしゃってました。

「家を建てる時に、最初は他の工務店の見学会とか
ショールームとか見に行ってたんですよ。
だけど、足を踏み入れた時にナチュールさんの家では
感じる心地よさが他の会社の家ではなぜか感じられなかった。
それからは、ナチュールホームひとすじでした(笑)」。




もちろん、「心地いい」と感じる感覚っていうのは
人それぞれだと思うんです。
だけど、お家は、「リラックスする場所」でありたい
とは誰もが思っているのではないでしょうか?



それなら自分にとって「リラックスできる家」について
一度感じてみてはどうでしょうか?

IMG_1930-2

ナチュールホームでは
ショールーム見学を随時開催しています。
ご自分の「心地よさ」を探しに
ナチュールホームのショールームを
訪れてみませんか?

002

ショールームについて詳しくは
こちらからご覧くださいね!

私が家づくりをお手伝いさせて
いただく者として大切にしていることの1つに、


「設計者目線でないこと」があります。


ナチュールホームには建築士が4名いますが、
私は建築士ではなく、設計はしていません。
今後、資格を取得しようとも思っていません。


それはなぜかというと、
できるだけお客様目線を大切に
お客様と近い感覚を持ちながら
家づくりをしていきたい
と思っているから、
なのです。


本当に暮らしやすい家は、
設計者目線ではく、お客様目線の家
なくてはいけないと思っています。


設計的に難しいと感じることも、
「できない」で終わらせるのでなく
お客様の立場で設計者に伝えることが
私のシゴトだと思っています。
それがよりお客様に満足して頂ける間取りに
繋がっていると感じています。

IMG_4100


家は暮らすもの。
鑑賞するための家という
単に美しい箱をつくることが
私たちの目的ではありません。


デザインも含め、
自分らしさが感じられる
暮らしを愉しむための空間
を提供していきたい。


自分たちのライフスタイルに
合っているからこそ、
家にますます愛着も湧いてくる。


私自身もそんな自分の価値観に合った、
自分のライフスタイルに沿った暮らしを
愉しみながら生活しています。


私はシゴトでも家でも、
この「暮らし」を大切にしています。
これからも多くの方に
自分らしく暮らすことの心地よさを
お伝えしていきたいと思っていますので
どうぞよろしくお願いします。

いつもブログをご覧くださっている皆様、
本当にありがとうございます!!


この度、フェイスブックの「ナチュールホーム」
のページを新たに作成しました。

IMG_3259

今後はイベントのお知らせは主に
ホームページとフェイスブックページを中心に
発信していきたいと思っておりますので
ぜひフェイスブックもご覧になってくださいませ。

(「いいね!」を押して応援して
もらえるととっても嬉しいです(*^^*))


今後こちらのブログでは
私が家づくりを通じて
日々感じていることや暮らしについて、
綴っていきたいと思っておりますので
どうぞお付き合いくださいませ。


これから家づくりを考えている方、
ナチュラルな暮らしを楽しみたい方に
少しでもお役に立つ情報を
お伝えしていきたいと思っています。


それでは今後ともナチュールホームの
ブログをどうぞよろしくお願いします。


ナチュールホーム 高橋紀子
 

ナチュールホームのお家って
雰囲気やデザインを気に入って
くださる方が多いのですが、
実は性能にとても力を入れているんです(^ ^)

 top-160724

・寒い冬の時期、部屋を移動しても温度差を感じない。
・窓を開けなくても空気が綺麗に保てて匂いがこもらない。
・夏のエアコンの効きが早く省エネ。
 

・・・これはほんの一部なのですが、
暮らしやすい秘密は実は完成してからでは
わからないところに秘密が隠されているのです。

 

構造見学会は完成時の見学会と比べ地味なのですが、
奥が深くいつかお家を建てたいと
思っている方にとってぜひ知って
おいていただきたい!そんな見学会ですよ。


詳しくはこちらからご覧ください↓
taiga2
 

先日初めて乳歯が抜けた息子。
可愛らしい大人の歯が顔を出してきました(*^^*)
 
13729184_1081399655338628_6932888424922678286_n
 
歯並びは口や顎だけの問題と
思われがちなのですが、
実は体全体が関係しています。

骨盤が広がると、肩も広がり、顎も広がる。
そうすることで歯が自然と綺麗に並ぶ
土台ができるということなのです。
 
私もそのことを知ったのは数年前。
娘の歯並びが気になり始めた頃でした。
もっと早く知っていたかった!
というのが正直な感想。
息子はおかげでスキスキピカピカ乳歯なので
きっと綺麗に歯が並ぶのではないかな?と思っています。
 
7月22日(金)のショールームでの
子育て講座「スキンシップたいむ」は
「歯が並ぶ体作りについて」です。

スキスキピカピカ乳歯のアプローチを
助産師のカズミン先生が教えてくれますよ。
 
小さなお子様をお持ちの方に
ぜひ参加していただきたいプログラムです。
詳しくはこちらからどうぞ↓
 taiga2

このページのトップヘ